痒くてたまらない南京虫駆除|害虫が人に及ぼす被害

女性スタッフ

昆虫説明します

蜂

冬期は危険性が低いです

世界的な地球環境の変化と共に、日本も温暖化が進行しています。そのため、四季があって季節に応じた寒暖差のある日本では、冬期であっても人間には比較的暖かくて過ごしやすい地域が増えています。しかし、気温変化に弱い昆虫には依然として生存が困難な環境なので、秋期までは活発に活動していても越冬できる昆虫の種類は多くありません。日本では毎年のようにハチに刺されて人的被害が発生している危険性の高い昆虫なので、営巣して生息していることが分かれば迅速に退治することが大切です。しかし、冬期は女王になるハチ以外は全滅してしまうため、危険性の極めて低い季節です。そのため、春期から秋期に生息数が増加するので、退治の必要性が高くなります。

専門家への依頼が確実です

ハチは刺される恐れがあるだけではなく状況次第で生命の危険性があるため、日常生活では退治することが一般的です。しかし、農作物の受粉媒介や蜂蜜採取等の産業として不可欠な益虫としての側面があるため、近年では殺虫剤の過剰な噴霧による退治に対して警鐘が鳴らされています。また、ハチは社会性の低い種類では攻撃を受ける危険性が低いので、自然環境のために退治する必要性がない場合があります。しかし、一般社会でハチに対して適切に対応できる程の知識を保有している人は、多くありません。判断を誤れば、指される恐れもあります。したがって、安全性だけではなく自然環境の健全性を維持するためにも、専門業者に依頼して最善の対処をしてもらう方が確実です。