痒くてたまらない南京虫駆除|害虫が人に及ぼす被害

女性スタッフ

種類によって異なる危険性

蜂

危険な蜂とは

私達の生活圏で頻繁に見かける比較的身近な昆虫であり、その種類によって害虫にも益虫にもなるのが蜂という昆虫です。まず蜂が害虫になる理由としては、蜂毒と呼ばれる毒を有した針で人間を攻撃してくるためという理由を挙げることができます。単純に痛みを覚えたり、刺された場所が腫れてしまうだけで済めばまだマシな方であり、蜂の種類によっては命を落とすリスクすら存在しているのが、この蜂毒になっています。これはアナフィラキショーショックというアレルギー症状を引き起こすリスクがあるためであり、蜂に二度刺されると危険などといったことを見聞きする理由は、この症状が所以になっています。そのため、この症状を引き起こすリスクがある蜂の巣を見つけた場合には、一刻も早く退治する必要があるのです。

益虫としての役割

一方、蜂は害虫としてだけではなく益虫としての役割を果たしてくれる昆虫でもあるため、無闇矢鱈と蜂の巣を発見次第退治する必要があるわけでもありません。たとえば食品としてお馴染みの蜂蜜は、ミツバチという蜂が集めた花の蜜であり、それを蜂の巣で加工し貯蔵したものを食品として利用している物になっています。またアシナガバチなどの蜂に関しては、自宅の周辺に蜂の巣が作られることで、自宅の周辺で発生するはずだったほかの害虫を捕獲してもらうことが可能になっています。蜂の巣を退治することを控えることによって、他の害虫を退治する手間や費用などを抑えることが可能になるのです。毎年多くの蛾が発生して困っている際などには、蜂の巣をあえて放置するといった選択を行なうのが勧めになっているのです。