痒くてたまらない南京虫駆除|害虫が人に及ぼす被害

女性スタッフ

害虫駆除を説明します

住宅

安全な対処が大切です

自然環境が減少して野生生物と遭遇する機会が稀になっている日本の都市部ですが、昆虫は住居周辺だけではなく住宅内にも数多く生息しています。人間社会に対して支障がなければ放置されることもありますが、実害を及ぼす恐れが場合には害虫として扱われて退治されることが一般的です。危険性の低い昆虫の退治は殺虫剤等を使って自主的に実行することが簡単な半面、ハチは刺される危険性があるので注意が必要です。日本に生息するハチで攻撃的な種類は限られていますが、危害を加えれば危険性が低くても刺される恐れがあります。そのため、安全にハチを退治したい際には、専用の用具を所有して十分な経験を持っている専門業者に依頼する方が確実に処理してくれます。

益虫として役立ちます

ハチは刺される恐れがあるため、都市社会を中心とした日常生活では害虫として敬遠されています。しかし、農作業においては農作物を荒らす恐れがある可能性がある一方で、受粉を媒介する益虫として欠かすことができない存在です。また、甘味料以外にも健康食品や医薬品としても活用されている蜂蜜は、養蜂業者がハチを飼育することで採取されています。近年は農薬や殺虫剤が広く普及した副作用として、本来の目的以外の昆虫が退治されている事例が増加しています。その結果、受粉の媒介や蜂蜜採取が難しくなっている地域が日本国内だけではなく世界的な問題になっていますから、人間社会に生息する生物を退治するだけではなく共生関係の重要性が見直されています。