痒くてたまらない南京虫駆除|害虫が人に及ぼす被害

男の人

害虫駆除を説明します

住宅

日常生活に実害のある昆虫は、害虫として退治されることが一般的です。危険性が低ければ自主的に実行できますが、刺される恐れのあるハチは専門業者に依頼する方が安全で確実です。ハチは益虫としての役立つので、退治だけでなく共生が大切になっています。

View Detail

害虫を自分で駆除する時は

作業員

種類によって駆除法が違う

ハチは自然の中以外にも巣をつくる習性があります。住人が気がつかないうちに、軒先や庭に巣をつくられてしまったというのもよくあることです。この生き物が厄介なのは、無差別に人を刺すという点にあります。危害を加えなくてもテリトリーに近づいただけで襲ってくるので、襲われた方としては避けようがありません。もし人家の敷地内に巣をつくられてしまうと、毎日刺されるリスクにおびえながら暮らすことになるはずです。それは敷地内に住む人間だけでなく、近隣の住民も同じくらい危険にさらしてしまいます。トラブルを最小限にするためにも、巣をみつけ次第ハチを退治してしまうことを勧めます。それがご近所にとっても自分にとっても、最良の解決方法となるでしょう。南京虫は主に外国に住む虫ですが、旅行などで外国から持ってきてしまい、住宅に住み着きます。吸血されると強い痒みを伴うため、すぐに南京虫駆除が必要です。南京虫駆除を専門に扱っている駆除業者はたくさんあります。

自分で駆除することも可能

ハチや南京虫を退治をする場合、どんな種類か確認すると対処しやすくなります。これは自分でやる時はもとより、業者を呼んで駆除してもらう時も重要なポイントになるはずです。ハチですと日本でよく見かける種類は、ミツバチとアシナガバチ、それにスズメバチです。ミツバチとアシナガバチは、凶暴性もそれほどではないので自分で駆除することも可能といえます。ただスズメバチは他の種類と違って扱いが難しいので、素人が駆除するのは勧めません。性質も攻撃的なうえ刺された時のリスクも高いので、退治は専門業者に任せてしまうのが得策です。専門業者は周囲に被害を拡大させないようにしながら、適切に対処してくれます。確実にハチを退治してくれるうえ、巣の撤去も請け負ってくれるので安心して任せられます。

昆虫説明します

蜂

日本には気温差に弱い昆虫が生息していて、多くのハチは越冬できません。そのため、退治する時期は、春期から秋期にかけて増加します。益虫としての側面があるため、適切に対処するためには専門業者に依頼する方が確実で安全です。

View Detail

種類によって異なる危険性

蜂

蜂は害虫にも益虫にもなる昆虫であるため、蜂の巣を退治するのか否かはケースバイケースで見極めていく必要があります。スズメバチのように危険性が高い場合には退治を、アシナガバチのように益虫としての役割を期待できる際には放置をすることを心掛けてみるといいでしょう。

View Detail